「40代での転職成功完全マニュアル」条件ばかりをみてはいけない!自分のスキルを生かして転職成功へ

40代での転職成功完全マニュアル

最近では人手不足から転職限界年齢35歳説は崩れ始めているといわれています。

それを聞いて現状に不満があった40代のビジネスパーソンが転職活動に一歩踏み出すことは悪いことではありません。しかしどんなに素晴らしいキャリアを持っていたとしても40代での転職はそう甘いものではありません。

今回は40代の転職について実態から転職成功ポイントまで幅広い視点でご紹介します。

現状に不満があり転職を考えているミドル層のビジネスパーソン必見です!

40代転職の現実とは

40代の転職活動

近年、労働人口の減少により企業の採用状況は売り手市場と言われています。確かに20代や30代の転職は売り手市場と言えるでしょう。

40代の転職は売り手市場なのでしょうか。ここでは40代転職の現実について詳しく紹介します。

40代が持つ市場価値

40代が持つ市場価値は、20代や30代の市場価値とは少し異なります。ある程度の経験やキャリアを持つ即戦力として見られていますので

「キャリアアップしたい」
「スキルを身につけたい」

などの個人目標よりも、「入社後どのような貢献ができるのか」をアピールする必要があります。

40代の自分を採用するメリットを明確に示すことができず、自分の目標ばかりをアピールするようであれば、市場価値は低いと言わざるを得ません。

苦労はするけど不可能ではない

40代の転職では、苦労はするかもしれませんが不可能ではありません。前述したとおり、企業が採用するメリットを明確にすることが大切です。

40代の最大のメリットは即戦力になるという点です。1伝えれば8~10理解でき、かつプラスαの業務ができるというスキルを求められています。

一つのことを1から10まで教えないと、業務ができないような人材は求められていません。

自分の強みやアピールポイントをしっかりと分析して転職活動を行うことで、苦労するかもしれませんが理想とする職場へ転職できる可能性はあります。

 

40代から希望の条件で転職はできるのか

40代から希望の条件で転職できるかどうかは、どこまで条件にするかにかかってきます。

すべての希望を満たす企業を見つけ、さらに内定をもらうということは非常に難しいです。多少の妥協が必要なことは念頭に置いておきましょう。

40代からの転職で年収アップは可能か

40代からの転職では、必ず年収アップするというわけではないです。国税庁が発表している「民間給与実態統計調査」では

40-44歳 男性569万円 女性308万円
45-49歳 男性630万円 女性310万円

と示されています。

出典:国税庁「平成29 年分 民間給与実態統計調査」

この平均年収と比べて、現職で高い給与をもらっている場合は、転職によって年収が下がる可能性があります。

平均年収の高い業種への転職や、役職・肩書アップを望める転職であれば、年収アップも期待できますが、基本的には現状維持か年収ダウンを覚悟して転職活動をした方が良いでしょう。

年収アップに成功した40代はどのくらい?

2018年度に転職をして、年収アップを実現できた40代・年収を上げられなかった40代の割合を紹介しています。

参考 「40代は転職できない説」は本当?

未経験での転職は可能か

未経験の業種への転職は、不可能ではありません。

しかし、即戦力になることはできないので、年収や待遇は希望通りにはいかないことを覚悟しましょう。

40代で未経験の場合、企業側も採用に躊躇する傾向にありますので、かなり難しいと言わざるを得ません。他業種への転職を考える場合は、今までのやり方や培ったことへのプライドは全て捨て、新人として扱われる覚悟が必要です。

40代で未経験者に求めることは、ビジネスマナーはもちろん、何事も謙虚に受け止め素直に学ぶ姿勢があり、かつ高いコミュニケーションスキルで社内のパワーバランスを保つスキルを持っていることです。

こだわりすぎるのは失敗のもと

40代となれば、住宅購入をしている人や、家庭を持つ人もいますので、

  • 勤務地
  • 年収
  • 勤務時間

などいろいろな条件を提示することがあるでしょう。

年齢を重ねるほど、必要な条件が増えがちです。上記以外にも職種や役職、福利厚生などを指定すると条件を満たす求人はどんどん減っていきます。

自分にとって大切な条件は何かをよく考え、最低限の条件に絞り込むことで、幅広い求人を探し出すことが可能となり、転職の失敗を防ぐことができます。

 

企業が欲しがる40代求職者

企業が欲しがる40代の人材

40代求職者に企業が求めるものは何かを把握することで、転職を成功させる近道となります。

ここでは、企業が欲しがる40代求職者の特徴を紹介します。

専門分野の知識とスキルがある

40代に求められるものは、専門分野の知識とスキルです。

20代や30代では経験していないことも40代は経験している場合が多く、企業の成長に大きく貢献できる可能性が高いからです。

また、他社での経験やノウハウを自社でも発揮することで、企業の業績アップへ繋がることも期待しています。

マネジメントスキルがある

40代はマネジメントスキルも求められています。

40代ともなれば、チームの中核としてプロジェクトの責任を担った経験もあるでしょう。そこで培ったマネジメントの経験や知識、スキルで、企業に貢献することも期待される点です。

40代の転職活動では、どのようなマネジメントをしてきたのか、部下を教育してきたのかも充分アピールポイントとなります。マネジメントの経験を通して、企業にどう貢献できるかをしっかり伝えましょう。

協調性・即戦力がある

40代は社会人経験が長いため即戦力となるだけでなく、コミュニケーション能力が高いと考えられています。

知識や経験から新しい提案をしたり、社員同士の間の緩衝材となったりと、ミドル層ならではの役割を求められます。

40代の転職活動失敗事例

40代の転職活動失敗事例

40代の転職活動では事前の情報収集や心構えで、大きく結果が変わってきます。

ここでは40代の転職活動失費事例を紹介します。

「年収」「肩書き」「キャリアアップ」はNG?!

面接時に転職動機は必ず聞かれます。その時に「年収」「肩書き」「キャリアアップ」などを理由にすることは避けましょう。

なぜなら、これらの理由は自分が企業に求めていることだからです。

40代の転職で企業側が求める人材
  • 即戦力として活躍できる
  • 部下の教育ができる
  • 業績アップに貢献できる

といったプラスになる人材が欲しいと企業は考えています。

面接時に「自分の持つスキルや経験が、企業が求める人材とマッチしている」とアピールできなければ、採用されることは、まずありません。

現職の批判・不満ばかり

面接の場で、現職の批判や不満ばかりを退職理由とすることは絶対にやめましょう。

企業側は現職の悪口を聞くために、面接しているわけではありません。転職するからには、現職に何かしらの不満や不安があることは企業側もわかっています。

しかし、その理由をストレートに伝えるだけでは「建設的な話ができない、後ろ向きな人だ」と判断されてしまいます。

不満に対して行動した経験などを伝え、「マイナス要素をポジティブに捉え、対処できるスキル」をアピールしましょう。

企業研究不足

年齢層に関わらず、企業研究は非常に大切です。

40代は特に入念に企業研究する必要があります。なぜなら、企業は同じスキルや経験を持っている20代と40代では、20代を採用する可能性が高いからです。

同じスキルや経験を持っていたとしても、自分の方が企業に貢献できるとアピールするためには、企業がどのような人材を必要としているかしっかりと研究する必要があります。

年齢を重ねるほど企業研究は重要な作業ですので、自分のスキルを売り込むためにも、企業研究は入念に行いましょう。

そもそも求人が少ない

人手不足が社会問題となっていますが、全ての業種が人手不足というわけではありません。

一般事務業や会計事務業、デザイナーなどのクリエイティブ系の業種は求人が少ない傾向にあります。

一方で大工やとび職などの建設系や警備員などの保安職業、医療業界、介護サービス業は人材不足が深刻で求人募集がたくさんあります。希望する業種によって求人状況が違いますので、退職する前に求人状況を把握することが大切です。

 

40代の転職を成功させる7つのポイント

40代の転職を成功させるポイント

40代の転職を成功させるためには、事前の準備が必要不可欠です。

ここでは、家族の理解や自己分析、企業研究、業界研究など、さまざまな転職活動のポイントを紹介します。

家族の理解を得る

家族の理解を得ることは非常に大切です。

年収が下がるかもしれませんし、勤務時間が長くなるかもしれません。休日出勤が必要になることもあり、何かしらの負担が家族にかかる可能性があるからです。

突然「仕事辞めてきた」というようなことは絶対にやめましょう。

転職先が決まるまで退職はしない

20代や30代と違い、40代で次の転職先がスムーズに決まるとは限りません。

業種や条件によっては難航することも珍しくないです。転職活動中に「やっぱり今の職場が自分に合っているかも」と考えが変わったり、転職先が見つからなかったりすることがあります。

病気などの問題がない限り、現職を続けながら転職活動をすることをオススメします。

入念な企業研究を行う

40代の転職では、自分を採用することによるメリットをどれだけアピールできるかがカギとなります。そのためにも入念な企業研究は必要不可欠です。

どのような人材を求めているのかだけでなく、企業が今後どのような事業を立ち上げようとしているのかなど、自分が貢献できるポイントを探し出しアピールできるようにすることが、転職成功の近道となります。

自分のキャリアを棚卸しする

自分が今までやってきた経験やスキル、知識を文字に起こしてみましょう。文字にすると、自分が思っていたもの以外のアピールポイントが見つかるかもしれません。

スキルとスキルの掛け合わせで、独自性を発揮できます。

例えば、現職が医療系の職種だとしても「英語が得意でインテリアコーディネートのブログ運営が趣味」であれば、海外へ市場拡大を目指す家具販売の企業で、営業用コンテンツ作成の需要があるかもしれません。

どんな小さなことでも自分のスキルを棚卸しすることで、新しいアピールポイントが生み出せます。

頑固にならず柔軟性で前向きに

年齢を重ねると、経験や知識が多い分、自分の考えも固まってしまい柔軟性を失いがちです。

転職の希望条件に

  • 年収は1000万円以上
  • 役職が付く仕事でないとダメ

など、一度決めた条件を変えることができないかもしれません。

しかし、入社時にはこれらの条件が満たされていなくても、入社後に自分の頑張りや成果が認められ、条件をクリアできる可能性はあります。

年収や業種など細かく決めすぎずに、柔軟に転職活動を進めることが転職を成功させる近道です。

面接対策を怠らない

書類選考がせっかく通っても、面接対策を怠ってしまうと、内定されないこともあります。

面接は自分を最大限アピールできる最後のチャンスです。聞かれる内容など、ある程度想定して、しっかり対策をしましょう。

人脈を利用する

友人など人脈を利用した紹介は、最終面接まで行く可能性が高いというメリットがあります。

紹介者が性格や人格を説明している場合が多く、企業側も面接だけでは聞き取れないことがわかるため、リスクが少なく採用しやすいです。それゆえに、自分のふるまい次第で、紹介者に迷惑がかかる可能性もあります。

入社する場合も内定後にお断りする場合も、企業や紹介者に迷惑をかけないように対応しましょう。

転職エージェントを利用する

転職エージェントはさまざまな業種の企業情報があり、多くの求人情報を持っています。

40代が応募できる求人は限られていますので、少ない求人から希望の条件に合った企業を見つけることは、時間のかかる作業です。

効率的に転職活動を進めるためにも、転職エージェントの利用はオススメです。

 

転職エージェント活用ポイント

転職エージェント活用ポイント

ここでは、転職エージェントを利用する場合の活用ポイントを紹介します。

こまめにエージェントと連絡をとる

転職エージェントに登録したからといって、全てを任せて受け身でいるよりも、こまめにエージェントと連絡を取ることをオススメします。

40代向けの求人自体が少ないため、紹介できる企業がないと、エージェントも段々と連絡を取りづらくなります。

他に顧客を抱えていると、後回しにされることもあるかもしれません。

エージェントも人ですので、積極的に連絡を取り、相談や提案をすることで「なんとかこの人に転職先を見つけてあげたい」とサポート体制が変わることもあります。

複数エージェント登録時の注意

転職活動において、最低三社の転職エージェントに登録した方が良いと言われています。

求人情報を増やせるため転職の可能性を広げられることや、良いエージェントに巡り合えるという点がメリットのです。

しかし、複数のエージェントを利用すると、スケジュール管理が大変であったり、エージェントとの連絡を取ることが煩雑になったりすることがあります。

希望求人がなければ退会してもよい

転職活動の際は、まず複数の転職エージェントに登録し、担当者との相性や希望求人の有無などを確認しましょう。

複数のエージェントと連絡を取り、それぞれのスケジュール管理をすることは意外と大変な作業です。

希望の求人がなければ退会することで、煩雑な作業を減らすことができます。

 

40代での転職成功完全マニュアル まとめ

40代での転職を成功させるためには、自分のスキルや強みを把握し、アピールすることがとても重要です。

企業研究をしっかりと行い、企業の求める人材とのマッチングをどれだけアピールできるかが、成功のカギと言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です