転職は35歳まで?!壁を突破する30代後半からの転職成功術

一般的に、35歳からの転職には高い壁があると言われており、「転職35歳限界説」という言葉を耳にする機会もあるかもしれません。確かに、35歳から転職の難易度が上がっていくのは事実です。それでも転職することは十分可能です。
気づけば35歳、でも転職をするなら今!と悩むあなたに、35歳の壁を突破し、転職を成功させる秘訣をご紹介します。

35歳転職の壁とは?

「35歳からは転職は厳しい」「転職するなら若いうちに」と世間一般ではよく言われます。なぜ35歳以降は転職が難しいとされるのでしょうか。また、実際30代後半になると転職できなくなるものなのでしょうか。
まずは、35歳の前に立ちはだかる「転職の壁」の実態を解き明かしていきましょう。

「35歳の壁」 30代後半からの転職が難しいと言われた理由

今でこそ転職は一般的ですが、一世代前までは「会社は終身雇用してくれるもの」「一つの会社に長く勤めるべき」という考えが主流でした。
そのため、35歳以上になると下記のような点で懸念されていたと考えられます。

・35歳以上になると今までの会社の影響が強く、新しい会社の文化や社風に馴染みにくい
・35歳以上よりも若い人を雇った方が定年までの期間が長い分働いてもらえる
・35歳以上の管理職のポストはプロパー社員が占めているので出世しにくい
・35歳以上は希望給与が高いので採用しにくい

しかし、転職市場は売り手市場が続き、35歳以上の転職に関しても風向きが変わってきています。続いての見出しで35歳以上の転職の現状について説明します。

35歳の壁はもはや「崩壊」 拡大が続く転職市場

35歳に立ちはだかる転職の壁はもはや「崩壊した」と言ってもよいでしょう。一般社団法人日本人材紹介事業協会の2018年の転職紹介実績によると、前年と比べて約20%も30代後半で転職した人が増えています。
https://www.jesra.or.jp/pdf/syuukeikekka/2018_4_9.pdf

転職市場は拡大が続き、35歳以上の転職もめずらしくありません。30代・40代に特化した転職エージェントがあるほどで、年齢にしばられることなく転職がしやすくなってきていると言えます。

35歳以上の中途採用求人が増えている理由

35歳以上の中途採用求人が増えている理由として、以下の2つが考えられます。

・少子高齢化による人手不足・企業の中心となる戦力の不足
・転職サービスの多様化

毎年労働人口が少なくなっており、その分企業の中核となる30代社員の獲得が難しくなっています。そのため、年齢を問わず広く採用する企業が増えてきました。
また、近年では転職サービスが多様化しています。登録してスカウトを待つだけの転職サイトなどもあり、仕事と家庭で忙しい30代以降でも転職活動がしやすくなってきたことも考えられます。

補足:本当にあるの?ヘッドハンティング

ヘッドハンティングは主に外資系企業で行われますが、日本企業でも役員レベルのポジションに就いていると声がかかることもあります。実際には、ヘッドハンティングと言うよりも知人による引き抜きが多いようです。また、「ヘッドハンティング型転職サイト(ビズリーチ )」など、登録をしてスカウトを待つタイプの転職を「ヘッドハンティング」と呼ぶこともあります。

35歳の転職を成功させる!企業がほしがる人材とは

では、35歳の転職を成功させるにはどうすればよいのでしょうか。転職を成功させる上で最も大切なことは企業がほしがる人材になることです。企業がほしがる人材は、下記の強みを持っています。

・具体的なスキル・実績
・マネジメントスキル
・即戦力性
・柔軟性・対応力
・コミュニケーション能力・交渉力
・英語力

それぞれについて、以下で解説します。

年齢は関係ない!大事なのはスキルや実績

企業の採用担当者は年齢よりも、スキルや実績を重視します。35歳以上であっても、年齢に見合った経験や実績、専門的なスキルがあれば「採用したい」と考える企業はたくさんあります。特に、1つの業界・仕事で突き詰めた専門性が転職市場ではありがたがられるでしょう。

重宝される「マネジメントスキル」

マネジメントスキルがあると、転職しやすくなります。実績はあっても、マネジメントの経験まである人材はなかなかいないからです。35歳以上だと転職先でも管理職のポストに就くことも考えられるので、部下をマネジメントした経験があると強みになります。

新規事業の立ち上げに求められる「即戦力」

35歳以上の人材の強みは「即戦力性」です。経験が豊富なので、新たな環境でも状況を打開していく力があると期待されています。企業が新規事業を立ち上げたい時、似たような経験があれば即戦力として採用される可能性が高くなります。

柔軟性と対応力も重要なポイント

35歳以上の採用で懸念となるのが「今までのやり方に固執しているのではないのか」「変化に対応できるのか」という点です。今まで培った経験や馴染んできた社風があるのは当然のことですが、またゼロから新しいやり方を受け入れられる柔軟性・対応力をアピールしましょう。

学歴よりコミュニケーション力 交渉力がカギ

35歳以上ともなると学歴は関係ありません。それよりもコミュニケーション力が大切です。転職すると、年下の社員から指導してもらうこともあります。お互いに気持ちよく仕事ができるようなコミュニケーション力が必要です。また、対顧客の交渉力も求められます。採用担当者との条件交渉の中で、自らの交渉スキルをアピールしてもよいかもしれません。

増える海外展開 英語力があれば尚◎

近年では企業規模に関わらず、グローバル進出する会社が増えています。英語力があれば海外業務も任せることができる人材として重宝されるでしょう。英語力を客観的に測ることができるTOEICや英検などを取得しておいてください。

新しいことに挑戦したい!前向きな姿勢は好評価

今までやってきたことだけでなく、「新しいことに挑戦したい!」という前向きな姿勢を採用担当者は評価してくれます。やりたいことに挑戦するための転職ということをアピールしましょう。

補足:35歳で「未経験職」に転職したい!狙うは中小・ベンチャー

35歳での転職は「経験者採用」が一般的です。未経験職種にチャレンジしたい場合は、中小・ベンチャー企業を狙いましょう。中小・ベンチャー企業は人が集まりにくいため、志望すれば未経験でもチャレンジさせてくれることが多々あります。

35歳「女性」の転職 注意したい点は

35歳の転職は、女性にとってはどうなのでしょうか。もちろん35歳以上の女性も転職することができますが、注意したい点もあります。
ここでは注意点として4つを挙げるので、転職する際の参考にしてください。

結婚や出産 ライフイベントは女性の転職の壁になる

結婚や出産といったライフイベントは、女性が転職する際の障壁となりがちです。女性社員が採用後すぐに育休に入ってしまうと、企業としても困ってしまうからです。結婚や出産に関しては常に企業からはシビアな目を向けられているということには留意しておきましょう。

女性が働き続けられる会社を探しましょう

女性が働き続けられる会社を優先的に受けましょう。女性が働き続けられる業界なのかどうかも事前に調べておくことが大切です。女性が働き続けられる会社はライフイベントにも理解があり、制度が整っていることが多い傾向にあります。

女性従業員の比率や年齢層は重要

転職を決める前に、企業のHPや転職掲示板、四季報などで女性従業員の比率と年齢層を確認しておきましょう。女性社員の比率が少ない場合や年齢層があまりにも若い場合には注意が必要です。女性にも男性並みに体力のいる働き方を強いてくる企業かもしれません。ライフイベントにも理解がないと考えられます。

産休・育休・時短勤務などの制度も確認

前述したように、ライフイベントによって働き方が変わることは女性にとって当然のことです。社会で働き続けるためには、ライフイベントとキャリアを両立させなければなりません。そのためにも、産休・育休・時短勤務などライフイベントに配慮した制度があるかどうかを転職前に確認しておきましょう。制度が形骸化していることもあるので、各制度の利用率も把握しておくと安心です。

35歳からの転職に挑戦してもいい人ダメな人

35歳からの転職は成功する人・しない人が明確に分かれてしまいます。続いては35歳からの転職に挑戦してもいい人とダメな人、それぞれの特徴を紹介します。まず転職を決める前に、自分はどちらにあてはまるのかを確かめてください。

35歳で転職してもいい人の特徴

35歳で転職してもいい人の特徴は以下の2つです。

・会社の将来性がない
・叶えたい目標がある

いずれにしても、「状況を変化させないと自分の希望が達成されない」場合です。以下で詳しく見てみましょう。

会社の将来性がない

「上司の姿を見ていると『こうなりたくない』と思ってしまう」「伸びしろがない」「斜陽産業で社内が暗い」など、会社の将来性がない場合にはそこに留まる必要はありません。転職をして状況が悪化することはないでしょう。環境を変えて希望を持って働く方が精神的にも健康です。

叶えたい目標がある

叶えたい目標があり、それが現職では実現できないなら思い切って転職することをおすすめします。一度きりの人生です。挑戦せずに後悔するよりも、行動に移すことが大切です。

35歳で転職 辞めた方がいい人の特徴

一方で、35歳で転職をしても失敗しやすい人もいます。

・スキルや実績がない
・転職の理由が「辞めたい」などネガティブ
・家族の賛成が得られない

上記の3つのどれかにあてはまるなら、転職は辞めた方がよいかもしれません。転職してしまう前に、一度再考してみてください。

スキルや実績がない

スキルや実績がないなら、慌てて転職せずにまずは現職で経験を積んでください。強みとなるスキルや実績なしで転職活動をしても、よい条件の求人には採用されづらいでしょう。無理に転職すると、今までの年収が大きく下がることもあります。まずは実績とスキルを積むことが大切です。

転職の理由が「辞めたい」などネガティブ

転職理由がネガティブだと、転職先でも同じ理由で悩むことになりがちです。「人間関係がよくない」「仕事があわない」など、前向きな理由なしでの転職は危険です。まずは現職で、ネガティブな気持ちの原因を解決するよう努めてみてください。

・家族の賛成が得られない

35歳なら、配偶者や子どもがいてもおかしくありません。両親の世話もしている人もいるでしょう。家族の反対を無理に押し切って転職することは避けてください。万が一転職がうまくいかなかった時、家族の仲が険悪になってしまいます。

35歳からの転職 成功させるポイント

35歳からの転職を成功させるためには、以下のポイントを押さえておく必要があります。

・「会社」ではなく「仕事」で選ぶ
・同業種で経験値をアピールする
・条件にこだわりすぎない
・在職中に転職活動をする
・転職エージェントを利用する

それぞれのポイントについて詳しく解説していきます。

「会社」ではなく「仕事」で選ぶ

有名企業や大企業には誰でも惹かれるものですが、35歳からの転職は「会社名」よりも「仕事内容」を重視してください。たとえ中小企業であっても、自分の経験を生かすことができる方が長く勤務することができます。

未経験より同業種 経験値をアピールしよう

中小・ベンチャー企業など例外はあるものの、35歳の転職は経験者が優遇されます。同業種に狙いを定めて豊富な経験値をアピールすると、今より高い年収などよい待遇を引き出せるでしょう。

給与や肩書こだわりすぎは× 希望条件は柔軟に交渉

35歳は社内でのポジションもかたまってきて、給与も伸びてくる時期です。しかし、転職の際の条件として給与や肩書きにこだわりすぎるとチャンスを逃してしまいかねません。また、提示された給与は高くとも、その後昇給がほぼないということもありえます。希望条件は柔軟に交渉するようにしましょう。

できれば在職中に転職活動を

35歳の転職はタイミングよく自分に合う求人に出会えるかどうかで転職活動の期間が大きく左右されます。つまり、タイミングが合わなければ転職活動が長期化することもめずらしくありません。先に退職してから転職活動をすると、思いの外空白期間が長くなり焦ってしまうことも考えられます。冷静に求人を選ぶためにも、在籍中に転職活動を始め、次が決まるまでは辞めないことをおすすめします。

転職エージェントは力強い味方になる

転職サイトなどを使って自分で転職活動をすることもできますが、転職エージェントを利用することで効率的に転職活動を進めることができます。
自分とマッチする可能性のある求人を紹介してくれるので求人を探す手間が省け、面接のセッティングや内定後の条件交渉も行ってくれます。
内定のために企業に採用を促す助言をしてくれたりもするため、35歳以上でも転職に成功しやすくなるでしょう。

転職は35歳まで?!壁を突破する30代後半からの転職成功術 まとめ

「転職は35歳まで」は今や過去のことです。35歳を超えてからでも、転職は不可能ではありません。
転職する時には実績やスキル、交渉力など今まで社会人として培ってきた能力を存分にアピールしましょう。
また、転職を手成功させるためには以下の5つのことを実践してください。

・「会社」ではなく「仕事」で選ぶ
・同業種で経験値をアピールする
・条件にこだわりすぎない
・在職中に転職活動をする
・転職エージェントを利用する

今の会社に将来性がない、もしくは達成したい目標があるなら年齢を気にせず思い切って転職活動をしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です