転職失敗!今すぐ辞めたいけど不利になる?次こそ失敗しない転職の秘訣

転職失敗した

「転職してまだ3か月…。でもこの会社、もう辞めたい!
あー!転職失敗した!!!」

・・・

今回は転職して心機一転、新しい職場に勤めてみたものの…やっぱり合わない!

転職失敗した、と悩むあなたに、今度こそ転職を成功させる秘訣をご紹介します。

転職をする人は年々増えているが転職失敗する人も増えている

転職失敗する人は増えている

近年、転職する人は年々増えています。

親の支援を受けずに子育てをする人や、親の介護をする人などが増え、現在の仕事では働き続けることができないケースが多くなりました。

インターネットの普及もあり、テレワークやフレックス制度の採用など、さまざまな働き方を選択できる企業も増え、より働きやすい環境を求めて転職する人が増えています。

大手企業の中途採用・第二新卒の募集枠も増加中

大手企業が中途採用や第二新卒を積極的に採用しています。

マイナビ転職やリクルートエージェント、doda、リクナビNEXTなどの大手転職エージェントが、第二新卒の特集を組んでいることからも第二新卒や中途採用の需要が高まっていることがわかります。

大手企業が即戦力になりにくい第二新卒を積極的に採用するメリットは、社会人としてのマナーを身につけているためマナー教育を省ける点や、モチベーションが高い傾向にある点、前職の企業カラーに染まっていないため再教育がしやすい点などがあげられます。

実際に転職をして失敗、後悔している人も…

実際に転職して失敗したと後悔している人もいます。理想の条件と思い転職をしたが、現実は違ったなど、ミスマッチを起こすことも少なくありません。

「思っていた以上に残業が多かった」

「説明された仕事内容と違う」

「思っていたよりテレワークができない」

「社内の人間関係や雰囲気が悪い」

など、理想と大きく違う場合、後悔することもあるでしょう。

転職失敗した!新しい職場で後悔した7つの理由

転職失敗した7つの理由を紹介

転職して失敗した!と後悔することは意外と多いものです。

事前説明と違ったり、想像以上に社内の雰囲気が悪く居心地が最悪だったりすることは十分にあります。

ここでは、入社した直後に感じる転職失敗例を紹介します。

失敗例1:聞いていた就業条件・仕事内容が違う

「残業は月20時間以内と書かれていたが実際は50時間以上していた」

「デスクワークが基本と言われていたが、意外と外回りが多い」

など、事前の説明と現実が大きく違うことは十分にあり得ます。

しかし慣れると平均的な残業時間になったり、テレワークができるようになったりするかもしれません。

しばらくは他の社員の様子をみて、どういう働き方ができるのかを観察しましょう。

失敗例2:職場や社風になじめない

コミュニケーションが多く社内の雰囲気が良いところを気に入って就職したが、毎週末は飲み会やカラオケに行って交流を深めなければならなかったり、年功序列で社歴の長い人の指示は絶対の体育会系だったりと、面接や企業説明の時にはわからないことが、入社後に判明することも少なくありません。

このようなミスマッチを防ぐため、転職前の情報収集は入念に行いましょう。

失敗例3:人間関係がうまくいかない

人間関係が一度壊れてしまうと、修復するのはとても難しいです。

会話が少しでもできれば、修復可能なこともありますが、無視されるなど一方的に拒否されると自分の努力ではどうにもなりません。

ましてや、入社直後の新人が関係修復のためにできることは少ないです。時間が解決すこともありますが、難しい時は上司や同僚に相談しましょう。第三者が介入することで、少しずつわだかまりが解消されていくかもしれません。

 

失敗例4:パワハラやセクハラ 職場環境が悪い

パワハラやセクハラは人権侵害にあたり、内容や程度によって法的に罰することができます。

とはいえ、裁判を起こすことを望んでいる人は少ないでしょう。企業側もパワハラやセクハラなどで裁判を起こされ、企業イメージが下がることを恐れています。

ハラスメント教育を行っている企業は多いですが、いまだに他の社員の前で叱責するような企業があることも事実です。そのような職場では自分がハラスメントを受けていなくても、居心地が悪く感じるでしょう。

あまりにもひどく、パワハラやセクハラが常習化しているようであれば、転職を検討しても良いかもしれません。

失敗例5:スキルや経験が足りない…仕事についていけない

仕事についていけないことも

大手企業に就職する場合は、新人研修など順を追ってスキルアップすることができますが、スタートアップ企業などに転職すると、自分のスキルや経験以上の仕事を任されることがあります。

さまざまな経験ができることを売りにする企業もありますが、社員が少ないため、一人で行う業務が幅広い可能性が高いです。

知らないことやできないことを楽しめる人は非常に向いていますが、そうでない場合はつらい職場になるかもしれません。

まずは、できない自分ができる自分になる過程を楽しんでみましょう。

それでも前向きに仕事が続けられない場合は、転職を検討してみてはいかがでしょうか。

 

失敗例61:前の会社の方が良く見える 戻りたい

隣の芝生は青く見えるとはよく言ったものです。

転職すると前の職場の方がマシだったと思うことがあるかもしれません。

今の職場の不満
  • 仕事が非効率的
  • 残業時間が長すぎる
  • 職場の雰囲気が悪い

など、理由はいろいろあるかもしれません。

しかし、前職とくらべて全てが勝っている職場を見つけることはなかなか難しいです。

多少の想定外はあったとしても、転職先として選んだ理由をもう一度振り返り、本当に前職の方が魅力的だったのか考えてみましょう。

失敗例7:待遇ばかりを優先して仕事のやりがいを見失った

フレックス制度や補助金制度などの働きやすさを優先しすぎて、仕事内容を後回しにして転職先を決めてしまうと、仕事のやりがいを見失うことがあるかもしれません。

しかし、やりがいを見出すのは自分の意識次第です。

数字のチェックばかりでつまらないと思っていた作業も、時間制限を設けてゲーム感覚にしてみたり、これが終わったらお菓子タイムなどご褒美制にしてみたりと、少し意識を変えてみることで、仕事が楽しくなるかもしれません。

補足 転職前後の理想と現実、ギャップを埋めるためには

転職前後の理想と現実が違うことは少なからずあります。

しかし、そのギャップを最小限に抑えるためには、事前の情報収集がとても大切です。

残業はほぼないと説明を受けていたが、実際はサービス残業や在宅ワークで仕事をしなければならなかったり、転勤はないと言われていたが、入社数年後に転勤することになったりということもあります。

企業見学や面接時だけでなく、インターネットの口コミ、友人などあらゆる方法で情報収集をし、より正確な情報を集めるようにしましょう。

 

転職してすぐ再転職 繰り返すのは不利になる?!

 

転職後数日以内に退職した場合は職歴に残らないこともありますので、入社後すぐ話と違うといったことが起こり黙認できない場合はすぐに退職手続きに進めましょう。

退職手続きについて

コチラの記事で退職手続きについての詳細をまとめています。

参考【退職手続きマニュアル】意外と知らない?!退職するときに必要な書類一式と損をしないために

 

一定期間経ってしまった場合は、職歴が残りますので、中途半端に1、2か月で退職することは得策ではありません。すぐに辞めることで職歴に残らないような手続きが可能かもしっかりチェックしましょう。

その上で一定期間経ってしまった人が再度転職をすることは可能なのでしょうか。説明いたします。

短期間で転職を繰り返すのは× 将来的にはデメリットに

転職を短期間に何度も繰り返す人は

  • ストレスに弱い
  • 継続力がない
  • 飽きやすい

などのマイナスイメージがあります。

複数の応募があった場合

  • 転職をしたことがない人材
  • 4回目の転職という人材

であれば、採用担当者は継続力や経験値を期待して、転職したことがない人材を選ぶ可能性が高いです。

また金銭面にも影響があります。

転職を繰り返すと、年相応のスキルや役職の経験が不足しがちですので、年収はどうしても下がる傾向にあります。

 

新しい環境に慣れないのは当たり前!まずは1年続けてみよう

新しい環境に慣れず、同時期に入社した新卒の社員と比べられ、辛く感じることもあるかもしれませんが、そこはグッと我慢しましょう。

社会人経験のない新人と比べれば、仕事に慣れるスピードも経験の差が出ます。まずは1年間続けてみて、仕事の流れを把握しましょう。

仕事に慣れてから、転職した方が良いのか、じっくり考えても遅くはありません。

 

それでも転職失敗と確信!辞めると決めた時は

1年続けてみて、じっくり考えても転職失敗と確信するのであれば、転職活動しても良いかもしれません。

転職活動を開始する目安
  • 社内環境が悪く1年以上ストレスがたまっている
  • 入社前の事前説明と、あまりにも違いすぎて納得いかない

 

というような場合は、転職エージェントにその旨を伝えて、条件提示をしていきましょう。

次の転職は絶対に失敗しない!成功のための秘訣

転職すると決めたら、次は絶対に失敗したくないと思います。ここでは、転職活動をする上での成功の秘訣を紹介します。

転職する理由を明確にしよう

転職活動を始める前に、まずは転職する理由を明確にしましょう。

同じ失敗を繰り返さないためにも、しっかりと分析することで、次の転職先に求める条件がはっきりします。

今までの転職歴を振り返り、どの会社のどういうところが不満で、自分はどうなりたかったのかを一つずつ自己分析していくことで、自分が目指している将来像が明確になり、希望の職種を見つけることができます。

在職中に転職活動をしよう

在職中に転職活動をすることは、非常にメリットがあります。

在職中に転職活動をすることで在職年数も増えますし、安定した収入を維持することもできます。

転職活動中に納得いく転職先が見つからない場合や、やっぱり現職が自分に合っていると考えが変わった場合は、現職を続けることができますので、納得のいく転職先をじっくりと考えることができます。

過大評価せず自分の市場価値を見極めよう

自分を過大評価しすぎて、転職先が見つからないということがあるかもしれません。

自分が思っているよりも自分の市場価値は高くない場合もあります。

転職エージェントを利用することで、客観的に自分の市場価値を見極めることができますので、転職する際は、ぜひ転職エージェントを利用しましょう。

譲れない条件、妥協できる条件ははっきりさせる

全ての希望条件を満たす企業はなかなかありません。

多少は妥協しなければならない条件もあるでしょう。

自分が転職するにあたって、絶対に譲れない条件と妥協できる条件を明確にすることで、より理想的な転職先を見つけることができます。そのためにも自己分析はとても大切です。自分は何を大切に思い、どんなことが好きなのか、など自分にとっての優先順位をつけて、転職活動をしましょう。

企業のこと、仕事内容のこと 情報収集は入念に

企業のことや仕事内容のことは、入念に情報収集することで、転職後のミスマッチを少なくすることができます。企業からの説明だけでは不十分です。

インターネットの口コミや友人からの情報など、さまざまな媒体から集めることで、正確な情報を得ることができます。プラスの情報とマイナスの情報の両方を集め、総合的に判断できるように準備することで、より理想の転職先を見つけることができます。

大手の転職エージェントは心強い味方!

大手の転職エージェントは心強い味方です。

転職エージェントは大手であるほど、たくさんの企業情報を持っていますので、自分に合った転職先を見つけられる可能性が非常に高いです。

転職エージェントを利用するメリットとして、ネガティブな退職理由をポジティブに変換する言い換え案などのアドバイスをもらえるので、面接対策もできる点です。

給料交渉を代わりにしてもらうなど、さまざまなメリットがありますので、転職エージェントを通して転職活動をすることをオススメします。

まとめ

入社してすぐに転職失敗したかも…と思うことがあるかもしれませんが、新しい環境に慣れない「不安の表れ」かもしれません。

慣れない環境では、本来の能力を充分に発揮できないこともあります。まずは1年間仕事を続けてみて、本当に転職を失敗したのか考えてみましょう。

それから転職活動を始めても遅くはありません。1年続けてみて「やっぱり転職失敗した」と思うのであれば、転職エージェントに相談し、より理想の転職先を探してみてはどうでしょうか。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です