第二新卒の転職は成功しやすい?失敗しやすい?採用されるポイント大解説!

第二新卒の転職は成功しやすい?失敗しやすい?採用されるポイント大解説!

第二新卒での転職は若手の転職であることから、成功しやすいといわれていますが、会社を短期間で退職することになるため転職に不利になるのではないかと不安に思われるかもしれません。

ここでは第二新卒での転職について、転職の現実からメリット・デメリット、転職を成功させるためのポイントについて徹底解説いたします。

第二新卒での転職に迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

そもそも第二新卒に該当する範囲はどこまで?

第二新卒の転職

そもそも第二新卒は、「卒業後何年まで」「何歳くらいまで」なのでしょうか。ここでは、一般的な定義と第二新卒の転職事情を紹介します。

第二新卒の定義

第二新卒の明確な定義はありませんが、一般的に大学や高校、専門学校などを卒業した後すぐに就職した人で、3年以内に転職活動をしている人と言われています。

新卒で入社する場合、その時点で社会人経験は全くありませんので、思い描いていた会社と違っていたり、自分が理想としていた社会人像と違っていたりすることがあるかもしれません。

そういったミスマッチによって、入社3年以内に転職活動を始める人を「第二新卒」と定義しています。

第二新卒転職の現実

第二新卒は、社会人経験が浅く、自分の武器となるスキルをアピールすることが難しいため、転職では不利と考える意見もあります。

しかし、労働人口の減少で慢性的に人手不足になっている企業は少なくありませんので、第二新卒の需要は非常に高いです。

また、第二新卒ならではのフレッシュさやポテンシャルの高さを期待し、あえて中途採用ではなく第二新卒を採用する企業もあります。第二新卒という引け目を感じることはありません。

自分の強みを把握し、どれだけ企業に貢献できるかをアピールすることで、転職活動を成功させることができます。

 

企業が第二新卒を求める理由

前述したとおり、第二新卒の最大のメリットはフレッシュさとポテンシャルの高さです。入社後の成長を期待して採用する傾向にあります。

また、厚生労働省のデータからもわかるように、3年以内に3割の新卒者が就職後に退職しています。このことからも、人材が定着せず人手不足になっている企業が多いため、第二新卒の需要は高まっています。

 

3年以内に3割の新卒者が就職後に退職している

3年以内に3割の新卒者が就職後に退職している

出典:厚生労働省「学歴別就職後3年以内離職率の推移」

第二新卒の採用市場

マイナビの企業調査によると、労働人口の減少に伴い、人材不足になっている企業が増えています。

人材不足になっている企業が増えている

出典:マイナビ「中途採用状況調査(2018年)」

人材不足は企業の存続に関わることですので、人材確保のために採用基準を下げている企業もあります。

2019年の中途採用の見通しは半数近くの企業が経験者、未経験者を積極的に採用していく意向を示しており、第二新卒の採用市場も広がっています。

第二新卒のメリット

企業にとって第二新卒を採用するメリットはとても大きいです。

第二新卒は社会人としての基本的なマナーをすでに身に着けているので、再教育をする手間がありません。

ビジネスマナーを教育するための時間的コスト、人的コストを削減し、すぐに業務へ入れることは企業にとって大きなメリットと言えるでしょう。

また、経験が浅いということは、いろいろなことを吸収し学ぶポテンシャルを持っているということです。やる気が高くや柔軟性ある人が多いことも第二新卒ならではの特徴と言えるでしょう。

ある程度の経験があると、前職の企業カラーに染まっていて、今までのやり方や考え方が抜けきれず、うまく会社になじめないこともあります。

第二新卒は前職の企業カラーに染まり切っておらず、柔軟に対応できる点、自社カラーに抵抗なく馴染みやすい点が、最大の強みと言えるでしょう。

第二新卒のデメリット

第二新卒のデメリットは「仕事が続かなく、ストレスに弱いのではないか?」というイメージがあることです。

いまだに日本では「最低3年続けることで、その仕事の本質が見えてくる」と言われているますので、3年続けられない人だから…と思われても仕方ありません。

企業側は、メンタルの弱さを懸念して「ちょっとした注意や失敗で落ち込み、出社できなくなるのではないか」という心配があります。

しかし、転職活動で面接まで進めることができれば、自己アピールやポジティブな転職理由を伝えることで、第二新卒のマイナスイメージを変えることができます。

そのためにも、希望する企業との最初の接触となる履歴書や職務経歴書は、力を入れて作成しましょう。企業側の気持ちになって、懸念材料を少しでも減らし、企業に貢献できる人材であることをアピールできれば、第二新卒のデメリットはなくなります。

第二新卒歓迎求人の欠点

第二新卒を歓迎する求人には欠点もあります。退職者が多く人材が定着していない企業の場合、慢性的な人手不足で猫の手も借りたいといった状況かもしれません。

人材が定着しない企業は、何かしらの問題を抱えている可能性があります。いわゆるブラック企業です。

転職活動する際は、自分に合った企業を探すだけでなく、その企業の仕事環境についてもしっかりとリサーチしましょう。

 

第二新卒が転職する際のポイントとは

第二新卒が転職する際のポイント

第二新卒が転職する際のポイントは、転職理由をポジティブに伝え、自己アピールをしっかりとすることです。ここでは転職する際の注意点を紹介します。

転職する際の注意点

転職する際の注意点として、面接時にネガティブな発言はしないようにしましょう。

何かしらの不満や不安があって転職を考えるので、ネガティブな理由は少なからずあることは企業側も重々承知しています。ネガティブな理由をそのまま面接時に伝えることは、企業側の印象がとても悪く、採用になることはまずないでしょう。

ネガティブな転職理由をポジティブに変換して、前向きな転職であることをアピールすることがとても重要です。

第二新卒の転職 失敗事例

希望の部署に配属されず、異動もできないため転職する場合、そのまま伝えると「自分のやりたい仕事ができないと辞めてしまうのではないか」と思われてしまうかもしれません。

このような場合は、「入社時の希望とは違う部署に配属されましたが、さまざまなスキルを身につけることができました。しかし、今でも自分が希望した部署で経験を積みたい気持ちが強いです。現職では希望部署への異動が難しいので、転職することを決めました。」といった前向きな理由を伝えましょう。

また、勤務地が遠い、通勤時間が長いなど、入社する前から分かっていることを転職理由にすることは「先を見通すことができない人」という印象が残るので、やめておきましょう。

 

第二新卒 転職成功のポイント

第二新卒 転職成功のポイント

第二新卒で転職成功させるためのポイントは、できることをアピールではなく、これからやりたいことをアピールすることに重点を置くことです。

これから紹介するポイントを押さえて、やりたいことや目指したい自分を伝え、自分の強みをアピールしましょう。

キャリアビジョンを明確にする

キャリアビジョンを明確にすることは、転職を成功させる重要なポイントです。

第二新卒者にできることは少ないかもしれません。しかし、その中でも新卒として入社した会社で、

「何を経験し、何を学んだか」を自己分析し、
「その経験を生かしてどんな自分になりたいのか」
「次の会社でどう生かしていくか」

をしっかり考えましょう。

自分の理想とする将来像を明確にすることで、そのために必要なスキルや経験を積むための企業を選ぶことができます。

退職する前に内定をもらう

退職してしまうと一定期間、無職になってしまいますが、退職せずに経験を積みながら転職活動をすることで、勤務歴を伸ばすことができます。

転職活動中に「やっぱり今の職場が自分に合っているかもしれない」と考えが変わるかもしれませんし、転職活動に失敗したとしても、在職していれば給与はもらえるので生活に困ることもありません。

第二新卒の転職活動では、次の転職先が決まってから、退職するようにしましょう。

未経験業界の下調べをしっかりしている

未経験業界への転職を考えている場合は、下調べをしっかりしましょう。医療業界とIT業界は全く違うように、業界ごとにそれぞれ雰囲気や特徴があります。

自分に合った業界なのか、しっかりと自己分析と業界研究することで転職後のミスマッチを防ぐことができます。

面接対策ができている

転職活動では必ず面接があり、転職理由は必ず質問される項目です。転職理由を聞かれたときに、前職を辞めた理由だけを伝えることはオススメできません。

自己PRとして前職で学んだことや経験したことを伝え、転職理由として次の会社でどう生かしていきたいのかアピールしましょう。自己PRと転職理由をうまく組み合わせることで、転職を成功させることができます。

また、第二新卒の懸念材料の1つは「すぐに辞めてしまうのではないか」という点です。

今度こそ辞めずに続けて仕事をするというやる気をアピールすることで、企業側は安心して採用することができます。

自己PRと転職理由、すぐには退職しないという安心感をアピールできるように面接対策をしましょう。

 

転職エージェントを利用して賢く転職

転職エージェントを活用しよう

転職活動する際は、転職エージェントを利用することをオススメします。

転職エージェントに登録するとさまざまなサポートを受けられるため、働きながら効率よく転職活動を進めることができます。

転職エージェントで受けられるサポート

転職エージェントは全て無料でサポートを受けられます。理由は、企業と転職者のマッチングが成功すると企業側から手数料を受け取っているからです。

大手の転職エージェントは、さまざまな業種の企業情報を持ち、多くの求人を扱っているため、効率的に転職活動を進めることができます。

また、面接対策や面接同行サービスを行っている転職エージェントもあります。

面接同行サービスは、面接時のフォローや面接後のフィードバックを双方にすることを目的に行われています。

面接同行サービスがある転職エージェントを利用する場合は、同行するかどうかの希望もできます。面接時に緊張でうまく話せない人は、同行者にフォローしてもらえますので、安心して面接に臨めます。

エージェントを利用する上での注意点

転職エージェントを利用する上での注意点として、転職エージェントの企業情報を鵜呑みにしないようにしましょう。

エージェントは企業から直接いろいろな話を聞いているので、独自の情報を持っていることもあります。

魅力的な企業情報はたくさん知ることができますが、エージェントからマイナスの情報を聞き取ることは難しいです。

マイナス情報は口コミや実際に働いている人から情報を得るようにして、転職エージェントからは企業の魅力的な情報を聞き取り、面接時の志望理由に活用しましょう。

エージェントの活用方法

インターネット上に転職サイトは無数にあり、自分の希望する企業を簡単に検索できます。しかし、多くの求人から自分に合う企業候補を絞り込むことは、時間のかかる作業です。

そこで、複数の転職エージェントに登録し、企業候補を絞る作業をサポートしてもらうことで、効率的に転職活動を進めることができます。

また、転職エージェントを利用することで、企業候補の絞り込みだけでなく、面接までの日程調整や面接対策、採用後のスケジューリングまで管理してもらえるため、現職を続けながら転職活動を始められることも魅力の1つです。

転職エージェントを上手に活用することで、自分の希望する企業を早く見つけ、応募、面接、内定までをスムーズに行うことができます。

 

第二新卒が採用されるポイント大解説 まとめ

第二新卒の最大の売りはフレッシュさとポテンシャルの高さです。

やる気があり、何事も前向きに吸収できる人材は、学ぶ意欲や学ぶ力、行動力を期待できるため、採用後の企業貢献度が高いと判断されます。

社会人としてのビジネスマナーを身につけているため、業務にすぐは入れる点も第二新卒の魅力でしょう。

企業側も社会人経験が浅いことはわかっているので、多くのスキルは求めていません。しかし、コミュニケーションスキルだけは重要と考えています。

明るく前向きで意欲があり、社員とのコミュニケーションが充分にとれる人材は貴重です。これらの武器と第二新卒ならではの売りをアピールして、転職を成功させましょう。

 

転職回数が多いのは不利にはならない転職回数が多いのは不利にはならない。職歴を強みに変える秘策

がある 40代での転職成功完全マニュアル「40代での転職成功完全マニュアル」条件ばかりをみてはいけない!自分のスキルを生かして転職成功へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です