仕事を辞めたいと思ったら…後悔しない最高の退社を目指すために知っておくべきことを徹底解説!」

「毎日忙しく残業ばかり」「仕事の成果もでずモチベーションが下がっている」などと仕事によって心も体も疲弊してくると、今の仕事を「辞めたい」と考えるようになってしまいます。

でも今、仕事を辞めて本当に大丈夫でしょうか。

ここでは仕事を辞める際に困らないための知識を徹底解説します。会社を辞めて後悔をしない、最高の退社を目指すための参考にしてみてください。

仕事を辞めたいと思ったらまず考えること

「仕事を辞めたい」と思った時には、それが衝動的な気持ちなのかどうかを確かめる必要があります。

「上司にきつく怒られた」「大きなミスをしてしまった」そんな時も「仕事を辞めたい」と思ってしまいますが、このような一時的なことを理由に仕事を辞めてしまっては後悔することになりかねません。

ここでは、仕事を辞めたいと思った時に考えたい4つのことについて紹介します。

  • なぜ仕事を辞めたいのか
  • 抱えている問題は仕事を辞めることで解決するのか
  • 仕事に求めていたものは何なのか
  • 今仕事を辞めても大丈夫なのか

 

それぞれ順番に考えていきましょう。

4つ目を考える頃には、本当に仕事を辞めてよいのかどうか、答えが見つかっているはずです。

 

なぜ仕事を辞めたいのか、冷静に考えてみる

なぜ仕事を辞めたいのか、まず冷静に考えてみましょう。残業が続きすぎて体が持たないのか、上司がパワハラ気質で自分のことを理解してくれないからなのか、思っていたように成果が上がらないからなのか、昇進が見込めないからなのか…。

仕事への不満を思いつく限り紙に書き出して整理するのもよいかもしれません。

書いているうちに、「なんだ、あんまり大したことないな」と気づくこともあれば、「こんなに不満を抱えながら自分は働いていたのか」と驚くことがあるかもしれません。

「仕事を辞めたい」気持ちに振り回されそうになりますが、まずは冷静に現状を整理してみることが大切です。

 

抱えている問題は仕事を辞めることで解決するのか

自分の抱えている問題を書き出したなら、そのそれぞれと向き合ってみましょう。

今悩んでいる問題は、仕事を辞めることで解決するのでしょうか。

「仕事は好きだが上司や同僚と合わない」場合に転職してしまうと、仕事内容が物足りないものになるかもしれないだけでなく、次の職場でも嫌な人と働かなければならない可能性もあります。

「仕事内容が自分に合わない」なら仕事を辞めてしまわずとも、部署異動をすることで解決するかもしれません。

「仕事を辞める」ということが唯一の解決策なのかどうかを考えてみてください。

仕事を辞める以外にも選択肢がありそうなら、まずは他の選択肢から試してみることをおすすめします。

 

仕事に求めていたものは何なのか

「なぜ、自分はこの仕事を選んだのか」ということを見直してみてください。

仕事に何を求めていたのか、求めているものは手に入っているのかどうかを考えてみましょう。

自分が求めていたものが叶っていない状況なら、仕事を辞めることも必要かもしれません。

しかし自分が求めていたもの以外で不満があるなら、仕事を続けたまま解決方法を探す方がよいでしょう。

今仕事を辞めてしまうと、たとえ不満が解決しても自分が仕事に求めていたものを失う可能性もあります。慎重に判断するようにしてください。

 

今仕事を辞めても大丈夫なのか

今は「もう仕事に行きたくない」という気持ちでいっぱいかもしれませんが、果たして、今仕事を辞めても大丈夫なのでしょうか。

年齢的に再就職は可能なのか、転職活動が長引いたとしても大丈夫なだけの蓄えはあるのか、勤務年数が短いせいで転職が難しくならないか…。

マイナス思考になる必要はありません。仕事を辞めることにリスクはつきものだからです。

しかし再就職や金銭面を考えた時に厳しくなりそうな気配があれば、もう少し仕事を辞めることを遅らせてもよいかもしれません。

懸念がなくなるまで仕事を続けることも選択肢として持っておきましょう。

 

仕事辞める前にやっておくべきこと

 

上記の「仕事を辞めたいと思ったらまず考えること」の4つを考えてみて、それでも仕事を辞めたい気持ちに変わりがないなら、仕事を辞めても大丈夫でしょう。

仕事を辞めるために以下の4つのことをしてみてください。

  • 今後のキャリアプランを見直す
  • 自分のスキルを棚卸しする
  • 転職先を探す
  • 家族の理解を得る

 

それぞれの具体的な内容と、なぜ仕事を辞める前にやっておきたいのかという理由について説明します。

 

今後のキャリアプランを見直す

仕事を辞める前に今後のキャリアプランを見直してみましょう。

会社にいるとどのように昇進するのか、どのようにキャリアが積み重なっていくのかを目の前で見ることができますが、仕事を辞めるとなると自分で今後のキャリアプランを組んでいかなければいけません。

同じ業界に行くのか、それとも他業界や他業種にチャレンジしてみるのか、5年後・10年後はどうなっていたいのか、など再び新卒での就活をするつもりでキャリアプランを考えてみてください。

仕事を辞める前にキャリアプランを考えることで転職への気持ちが前向きになり、「このままこの仕事に留まっていてはいけない」と自分のモチベーションにアクセルがかかります。

仕事を辞めることが「次のフェーズへの挑戦」と考えられるようになる、大切なステップです。

 

自分のスキルを棚卸する

自分のスキルを棚卸ししてみてください。

現職で何を学んで身につけたのか、自分のどんなスキルが次の仕事に生かすことができそうなのかということを考えてみましょう。
なんとなく普段やっていることでも、特別なスキルだということもあります。

ここで一度自分のスキルを言語化していくと、転職活動で職務経歴書を書く時や面接で強みを述べる際に役立ちます。

また、自分のスキルを把握した上で転職活動をすると、転職エージェントにスキルを印象的にアピールすることができるので、よい待遇の仕事を紹介してもらいやすくなります。

 

転職先を探す

できる限り、仕事を辞める前に転職活動を始め、次に働く企業を見つけておきましょう。

「ブラックすぎて転職活動の時間がまったく取れない」という場合でない限り、転職先を探しておくことをおすすめします。

先に仕事を辞めてしまうと転職活動が長引いて経済的に苦しくなる可能性があるからです。また、「空白期間」と呼ばれる無職の期間ができてしまうと、企業からの印象もよくありません。

現在は、忙しい社会人に配慮して夜遅くや土日に面接をしてくれる転職エージェントや企業もあります。仕事が忙しいかもしれませんが、できる限り現職と転職活動を両立させてください。

 

家族の理解を得る

仕事を辞める前に家族の理解を得ておきましょう。

家族の理解を得るためには、先に転職先を決めておくことがとても大切です。

養っている家族がいるなら仕事を辞めることに反対される可能性が高いからです。また、年次が浅い場合だと仕事を辞めることに両親が懸念を示すことも考えられます。

仕事を辞めたせいで家族と険悪になってしまっては、仕事の問題は解決しても別の悩みを抱えることになってしまいます。

大企業に勤めている場合ほど難しくなることが予想されますが、仕事を辞める際には家族の理解を得るようにしましょう。

 

円満退社をするために必要なこと

 

仕事を辞めると決め、準備も整えばいよいよ退職の通知です。

できる限り円満退社を目指しましょう。仕事を辞めても、お互い社会人として働き続けます。

どこかのタイミングで現職の会社が取引先になるかもしれませんし、今後全く付き合いがないとは言い切れません。気まずい思いをしないためにも、円満退職が重要です。

ここでは、円満退職をするために必要な以下の3つについて説明します。

  • タイミング
  • 伝え方
  • 引き継ぎ・挨拶

 

以下を一読してから、退職の通知を会社にすることをおすすめします。

仕事を辞めるベストなタイミングとは

仕事を辞めるベストなタイミングとして以下が挙げられます。

・繁忙期以外
・ボーナス支給後
・転職先の入社に合わせる

できる限り繁忙期は現職に留まりましょう。

繁忙期に退職の旨を通知すると、「忙しい時に辞められて、さらに忙しくなる」「会社のことを考えない裏切り者」などと思われることがあります。

ボーナスの支給後に辞めることもおすすめですが、「ボーナスもらい逃げ」の印象を持たれてしまうこともあるので気をつけましょう。

また、できる限り転職先の入社に合わせて辞めることが理想です。

現職と新しい仕事の間で期間が空いてしまうと保険料や年金などの支払いを自分でしなければならなくなり、非常に面倒なことになります。

 

退職意向の伝え方

退職意向は、転職先が決まってから伝えましょう。転職先が決まる前に伝えると引きとめられます。

また、転職理由を話す時には会社のせいにしないことが大切です。

【NG例】

  • 仕事内容が合わなかったから
  • 人間関係に疲れた
  • 昇進の見込みがない

上記のような転職理由を伝えると、印象が悪くなり円満退職とは言えなくなってしまいます。

そのため、以下のような意向を伝えることがおすすめです。

 

【OK例】

・実はずっと〜〜の分野に興味があった
・新しい仕事にチャレンジしたくなった
・家族の都合(育児・介護など)で現職を続けることが難しくなった

会社に非があるような言い方をすると、「改善するから残ってくれ」と時間稼ぎをされることも考えられます。退職意向はトラブルにならないよう伝えましょう。

丁寧な引き継ぎ・挨拶

円満退職のためには丁寧な引き継ぎと、上司をはじめとする同僚への挨拶が欠かせません。引き継ぎの際にはマニュアルを残すなどして、自分がいなくても業務が回る状態を作っておきましょう。挨拶の際には、今までお世話になったお礼を個々人に伝えることが大切です。お菓子を持って回ってもよいでしょう。

会社・上司に仕事辞めたいと言えないときは

上司がパワハラ気質だったり、一度退職を伝えたのに認めてもらえなかったりする場合など、「仕事を辞めたい」と言い出しにくいことがあります。そんな時は以下の2つの方法を試してみてください。

・書面で伝える
・退職代行を利用する

以下でそれぞれの方法を確かめてみましょう。

書面で伝える

どうしても伝えにくい場合は、メールで退職を通知してもよいでしょう。もしくは、内容証明郵便で退職届を送付するのも方法の1つです。上司から後日声がかかるので、その時に直接伝えることができます。しかし、対面で伝えるよりも上司の心象が悪くなってしまいがちです。できる限り、上司にアポを取って直接伝えることをおすすめします。

退職代行を利用する

退職代行は最終手段だと考えましょう。

退職代行は業者に2〜5万円を支払い、自分の代わりに会社に退職の旨を通知してくれるサービスです。「明日から行かない」ということも言ってくれ、その後の必要書類や備品返却は郵送で行うことになるので、二度と会社に行かずにすむこともあります。あっさりと辞めることができるものの、円満退社とは言えません。
また、「本人に連絡しないように」と会社に伝えてくれますが、強制力はありません。退職代行を利用しても会社から直接連絡がくる可能性はあることを覚えておきましょう。

働きながら転職先を探す方法

仕事を辞める前に転職先を探すことが大切だと念を押してきましたが、どのように転職先を探せばよいのでしょうか。ここでは、2つの方法を紹介するので、自分にあっていると感じる方、もしくは両方を試してみてください。

転職サイトへ登録して自分で探す

転職サイトは登録後、自分で求人を探すことができます。

幅広く求人を見たい人は転職サイトを活用することで、さまざまな業界を受けることができるでしょう。

また、自分の好きなタイミングで転職活動を進めることができるものの、記載されていない「年齢」「性別」などの条件により書類選考で落とされ続けることもあります。

転職エージェントへ登録して相談しながら探す

転職エージェントに登録すると、自分の希望に沿った求人を紹介してくれます。

職務経歴書や履歴書の添削や面接対策などもしてくれ、かつ年齢や性別などのスクリーニングをした上での求人紹介なので内定率が上がる傾向にあります。しかし、こちらの都合を考えずに連絡してくるエージェントが多いのも事実です。勤務時間中にも関わらず電話を何度もかけてくることもあり、わずらわしく感じるかもしれません。

転職エージェントを利用する際には連絡頻度に関しても希望を伝えておきましょう。

仕事を辞めたいと思ったら…後悔しない最高の退社を目指すために知っておくべきことを徹底解説! まとめ

仕事を辞めたいと思ったら、まずは「本当に辞めてもよいのかどうか」を考えてみてください。

参考記事:仕事辞めたい!辞めるべきか残るべきかその後の人生を成功を決める重要な事とは

そして家族の理解が得られ、転職活動にも成功してから初めて会社に退職を通知しましょう。

くれぐれも、衝動的に仕事を辞めて、後から転職活動に追われるということは避けるようにしてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です